「ハリー・ポッター」シリーズを楽しむための映画を見る順番ガイド!

ストーリー

「ハリー・ポッター」シリーズを初めて見る人も、久しぶりに見直すファンも、その壮大なストーリーを最大限に楽しむためには、正しい順番で見ることが大切です。

この記事では、「ハリー・ポッター」シリーズの映画を公開順と時系列で紹介し、それぞれの作品のあらすじと見どころを解説します。

さらに、全作を視聴できるおすすめの動画配信サービスもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

この記事を読むとわかること

  • 「ハリー・ポッター」シリーズの公開順と時系列について
  • 各動画配信サービスで「ハリー・ポッター」シリーズを視聴する方法
  • 映画館での再上映情報とその楽しみ方
スポンサーリンク

「ハリー・ポッター」シリーズを見る順番は公開順が基本

「ハリー・ポッター」シリーズは、全8作品が公開順と時系列が一致しているため、最初から最後まで順番に見ていくことで、ストーリーをより深く理解することができます。

このシリーズは、魔法界での冒険と成長を描いた物語であり、各作品が次の作品に続く形でストーリーが展開されます。

そのため、公開順に見ることでキャラクターの成長とストーリーの進行を自然に追うことができ、より一層楽しむことができます。

公開順と時系列が同じ理由

「ハリー・ポッター」シリーズが公開順と時系列を一致させた理由は、キャラクターと物語の成長をリアルタイムで感じてもらうためです。

ハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフをはじめとする主要キャストは、撮影開始時の年齢がキャラクターの年齢に近いこともあり、彼らの成長とともに物語が進行していく様子を描いています。

これにより、視聴者はキャラクターたちが成長し、困難に立ち向かう姿をリアルタイムで追体験することができ、シリーズ全体に一貫性と深みを与えています。

キャラクターの成長を追体験する

「ハリー・ポッター」シリーズを見る際の魅力の一つは、キャラクターの成長を追体験できることです。

例えば、第1作目の『ハリー・ポッターと賢者の石』では、11歳の少年だったハリーが、シリーズを通じて成長し、強い意志と魔法の力を持つ若者に成長していきます。

このような成長の過程を追うことで、視聴者は感情移入しやすくなり、物語の一部となったような感覚を味わうことができます。

また、ロンやハーマイオニーといったハリーの仲間たちも同様に成長し、それぞれのキャラクターがどのように変わっていくのかを見ることができる点も、このシリーズの大きな魅力です。

スポンサーリンク

各作品のあらすじと見どころ

『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)

シリーズ第1作目の『ハリー・ポッターと賢者の石』は、魔法界への扉を開く作品です。

孤児であるハリー・ポッターは、親戚のダーズリー家で不遇な生活を送っていましたが、11歳の誕生日にホグワーツ魔法魔術学校への入学を許可する手紙を受け取ります。

ハリーは自分が魔法使いであることを知り、ホグワーツでの新しい生活を始めます。そこで出会ったロン・ウィーズリーやハーマイオニー・グレンジャーとともに、賢者の石を巡る冒険に巻き込まれます。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)

第2作目の『ハリー・ポッターと秘密の部屋』では、ハリーがホグワーツの2年生として戻ってきます。

学校では次々と不気味な出来事が起こり、「秘密の部屋」が開かれたという噂が広まります。ハリーと友人たちは、この謎を解き明かすために行動を開始します。

ハリーは蛇と話すことができる能力である「パーセルタング」を持っていることが判明し、ヴォルデモートの影が色濃くなっていきます。

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)

第3作目の『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』では、ホグワーツの3年生となったハリーが描かれます。

アズカバンから脱獄した凶悪な囚人、シリウス・ブラックがハリーを狙っているという噂が広がり、学校にはディメンターが警備に当たることになります。

ハリーはシリウスが父親の親友であり、父親を裏切った人物であることを知りますが、物語が進むにつれてシリウスの本当の姿が明らかになります。

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)

第4作目の『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』では、ホグワーツで100年ぶりに開催される三大魔法学校対抗試合が描かれます。

出場資格がないはずのハリーが謎の力によって選ばれ、試練に挑むことになります。ハリーは次々と難関を乗り越えますが、試合の最後にヴォルデモートが復活し、魔法界に暗雲が立ち込めます

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年)

第5作目の『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』では、ヴォルデモートの復活を信じない魔法省と戦うハリーの姿が描かれます。

ハリーは仲間たちとともに「ダンブルドア軍団」を結成し、実践的な防衛術を学びます。

最終的に、ハリーはシリウス・ブラックを失い、一層強い決意でヴォルデモートに立ち向かうことを誓います。

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009年)

第6作目の『ハリー・ポッターと謎のプリンス』では、ダンブルドアがハリーにヴォルデモートの過去を教え、彼の弱点を探る手助けをします。

ハリーは「半純血のプリンス」と記された教科書を見つけ、その中に隠された秘密に魅了されます。ヴォルデモートの過去を掘り下げることで、分霊箱の存在が明らかになります。

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010年)

シリーズ最終作の前編である『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』では、ハリー、ロン、ハーマイオニーがヴォルデモートの分霊箱を探す旅に出ます。

三人の友情に亀裂が入りながらも、魔法界の崩壊に立ち向かいます。

彼らは「死の秘宝」の伝説を知り、ヴォルデモートが不死の力を得ようとする陰謀を暴きます。

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011年)

シリーズ最終作の後編である『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』では、ハリーたちが最後の分霊箱を探し出し、ヴォルデモートとの最終決戦に挑みます。

ホグワーツは戦場となり、多くの仲間が命を落とします。ハリーは自らの運命を受け入れ、勇敢に戦い抜きます

この作品では、シリーズを通して描かれてきた物語のすべてが解決し、感動的なフィナーレを迎えます。

スポンサーリンク

「ハリー・ポッター」シリーズを視聴できるおすすめの動画配信サービス

「ハリー・ポッター」シリーズを視聴するには、いくつかの動画配信サービスがあります。各サービスの特徴を理解して、自分に合った方法で楽しみましょう。

以下に紹介するサービスは、全て「ハリー・ポッター」シリーズを視聴可能なプラットフォームです。

各サービスのメリットを比較して、最適な視聴方法を見つけてください。

Hulu

Huluは、豊富な映画とドラマのラインナップを誇る動画配信サービスです。

「ハリー・ポッター」シリーズ全8作品が視聴可能で、高画質で楽しむことができます。

また、スマートフォン、タブレット、PC、テレビなど、様々なデバイスで視聴可能です。

TSUTAYA DISCAS

TSUTAYA DISCASは、DVDレンタルを中心としたサービスですが、動画配信も行っています。

「ハリー・ポッター」シリーズは、レンタルDVDとして自宅に配送されるため、インターネット接続が不要で視聴できます。

また、30日間の無料お試し期間もあるため、初めての方にもおすすめです。

U-NEXT

U-NEXTは、日本国内最大級の動画配信サービスで、映画、ドラマ、アニメなど多彩なコンテンツを提供しています。

「ハリー・ポッター」シリーズも配信されており、高画質かつ広告なしで楽しめます。

さらに、31日間の無料トライアルも用意されており、新規登録者はお得に利用できます。

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオは、Amazonプライム会員特典の一つとして提供されている動画配信サービスです。

「ハリー・ポッター」シリーズは、追加料金なしで視聴可能です。

また、他のAmazonサービスとの連携がスムーズで、一つのアカウントで多彩なサービスを利用できる点も魅力です。

その他の配信サービス

「ハリー・ポッター」シリーズを視聴できるその他の動画配信サービスとしては、以下のものがあります。

  • Netflix
  • Disney+
  • Apple TV+

これらのサービスでも、時期によっては「ハリー・ポッター」シリーズが視聴可能ですので、チェックしてみてください。

それぞれのサービスで無料トライアル期間を活用して、自分に合った配信サービスを見つけるのもおすすめです。

スポンサーリンク

映画館での鑑賞も可能

「ハリー・ポッター」シリーズは映画館でも再上映されることがあり、特に4DX版などの特別上映が行われることもあります。

2024年には、ユナイテッド・シネマでシリーズ全8作品の再上映が決定しており、4DX版も初めて上映される予定です。

この上映は、昨年の「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京‐メイキング・オブ・ハリー・ポッター」のオープンを記念して行われた上映が好評だったため、今年も実施されることになりました。

上映スケジュールは以下の通りです。

  • 『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年): 2024年6月14日(金)~6月20日(木)
  • 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)日本初4DX上映: 2024年6月21日(金)~6月27日(木)
  • 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)日本初4DX上映: 2024年6月28日(金)~7月4日(木)
  • 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)日本初4DX上映: 2024年7月5日(金)~7月11日(木)
  • 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年): 2024年5月24日(金)~6月20日(木)
  • 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009年): 2024年6月21日(金)~7月18日(木)
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010年): 2024年7月19日(金)~8月15日(木)
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011年): 2024年8月16日(金)~9月12日(木)

映画館での鑑賞は、家庭では体験できない迫力のある映像と音響を楽しむ絶好の機会です。

特に、4DX版では座席が動いたり風や香りなどの特殊効果が加わり、まるで映画の中に入り込んだような臨場感を味わうことができます。

この特別な機会に、ぜひ映画館で「ハリー・ポッター」シリーズを楽しんでください。

スポンサーリンク

まとめ:ハリー・ポッターシリーズの楽しみ方

公開順に見ることで最大限に楽しむ方法

「ハリー・ポッター」シリーズは、公開順に視聴することで、ストーリーの流れやキャラクターの成長をより深く理解することができます。

公開順は以下の通りです。

  • 『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)
  • 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)
  • 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)
  • 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)
  • 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年)
  • 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009年)
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010年)
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011年)

この順番で見ることで、キャラクターの成長やストーリーの進行を追いやすく、感情移入しやすくなります。

各作品の出来事が次の作品へと続いていくため、一貫した物語の流れを楽しむことができます。

動画配信サービスを活用して全作を視聴しよう

「ハリー・ポッター」シリーズは、複数の動画配信サービスで視聴可能です。

特におすすめのサービスは以下の通りです。

  • Hulu: 高画質で視聴可能
  • TSUTAYA DISCAS: DVDレンタルでインターネット接続不要
  • U-NEXT: 日本国内最大級の動画配信サービスで31日間の無料トライアルあり
  • Amazonプライムビデオ: プライム会員特典として追加料金なしで視聴可能

これらのサービスを活用することで、いつでもどこでも「ハリー・ポッター」シリーズを楽しむことができます。

無料トライアル期間を利用して、自分に合ったサービスを見つけるのもおすすめです。

この記事のまとめ

  • 「ハリー・ポッター」シリーズは公開順で視聴するのが基本
  • 公開順で見ることでキャラクターの成長を追体験できる
  • Hulu、TSUTAYA DISCAS、U-NEXT、Amazonプライムビデオなどで視聴可能
  • 2024年にはユナイテッド・シネマで全8作品の再上映が決定
  • 映画館では4DX版も初上映されるので迫力満点

コメント

タイトルとURLをコピーしました