ハリーポッターの原作と映画はどう違う?!知っておくべき27のポイント

ストーリー

ハリーポッターシリーズは、J.K.ローリングの手によって生み出された魔法の世界を舞台にした人気の小説シリーズです。その成功は映画化にも及び、多くのファンを魅了してきましたが、映画と原作にはいくつかの重要な違いがあります。

この記事では、ハリーポッターの原作と映画の違いを深掘りし、ファンが見逃しがちなポイントを詳しく解説します。これを読めば、ハリーポッターの世界がさらに楽しめることでしょう。

それでは、原作と映画の違いについて詳しく見ていきましょう。

この記事を読むとわかること

  • ハリーポッターの原作と映画の違いについて詳しく解説
  • キャラクターの心理描写や設定の違いがもたらす影響を理解
  • 物語の結末における重要なシーンの違いとその意味
スポンサーリンク

ハリーポッターの原作と映画の違いとは?

動物園のヘビの種類の変更

原作『ハリー・ポッターと賢者の石』では、動物園でハリーが会うヘビはボアコンストリクターです。

しかし、映画ではビルマニシキヘビに変更されています。

この変更は、視覚的な効果を考慮した結果かもしれませんが、原作ファンには違和感を与えるポイントの一つです。

ハリーとクィレル先生の初対面シーン

原作では、ハリーとクィレル先生はダイアゴン横丁で初めて会い、クィレルはハリーと握手を交わします

一方、映画ではクィレルがハリーに接触を避ける場面が描かれています。

これは、後にクィレルがヴォルデモートと物理的に結びついているために触れることができないという設定を強調するための変更です。しかし、原作の時点ではまだその設定が明らかにされていないため、初対面の描写に矛盾が生じています。

スポンサーリンク

発音の違いがもたらす混乱

ヴォルデモートの発音の違い

原作において、ヴォルデモートの名前の発音は「t」を無声で発音しないことが正しいとされています。

しかし、映画シリーズでは「t」を発音する形が採用されています。

この違いは、オーディオブックのナレーションでも影響が見られ、最初の数作では原作に従って「t」を無声で読まれていましたが、映画の影響で途中から発音が変わりました。この混乱は、原作者のJ.K.ローリングが後に「t」を無声にするのが正しいと認めたことでさらに複雑になりました。

その他の呪文や名前の発音

映画と原作の間で発音が異なるのは、ヴォルデモートだけではありません。例えば、呪文「アクシオ(Accio)」の発音やキャラクター名「レストレンジ(Lestrange)」も違います。

オーディオブックでは「アクシオ」は「アシオ」と発音されており、映画では「アクシオ」と発音されています。これにより、ファンの間ではどちらの発音が正しいのか混乱が生じました。また、「レストレンジ」は映画では「レストレンジ」と発音されていますが、オーディオブックでは「レストランジ」とされていました。

このように、映画とオーディオブックの間で発音の違いがあることで、ファンが混乱するケースが多く見られます。原作を読むことで、これらの発音の違いを正確に理解することができます。

スポンサーリンク

ストーリー展開の変更点

組分け儀式の順序

原作『ハリー・ポッターと賢者の石』では、新入生の組分け儀式がアルファベット順に行われます。

これに対し、映画ではランダムな順序で行われており、観客に主要キャラクターを早い段階で紹介する意図が感じられます。

具体的には、ハーマイオニー・グレンジャー、ドラコ・マルフォイ、スーザン・ボーンズ、ロン・ウィーズリー、ハリー・ポッターの順で組分けが行われており、原作の持つ整然とした印象とは異なります。

フラッフィーの起源

原作では、ハグリッドがフラッフィーを「ギリシャ人」から購入したと語られています。フラッフィーはギリシャ神話のケルベロスにインスパイアされたキャラクターであり、これは非常に理にかなっています。

しかし、映画ではハグリッドがフラッフィーを「アイルランド人」から買ったと述べています。

この変更は大きな影響はありませんが、原作の設定を知っているファンにとっては違和感を覚えるポイントです。

ハグリッドのドラゴンのエピソード

原作『ハリー・ポッターと賢者の石』では、ハリー、ロン、ハーマイオニーがハグリッドのペットドラゴンノーバートを助けて逃がすエピソードがあります。

このシーンでは、彼らがロンの兄チャーリーに協力を求め、ノーバートをルーマニアに送る計画を立てます。

しかし、映画ではこのエピソードが省略され、ハグリッドがノーバートを職員に見つかり、直接ルーマニアに送られたと説明するだけになっています。この変更により、原作に比べて物語の一部が削られた印象を受けます。

スポンサーリンク

キャラクター描写の違い

ハリーが見るみぞの鏡のビジョン

原作『ハリー・ポッターと賢者の石』で、ハリーはみぞの鏡に自分の両親と一族全員を見ます。

一方、映画ではハリーは両親だけを見ており、他の家族の姿は描かれていません。

この変更により、ハリーの孤独感や家族に対する思いが強調されている一方で、原作の持つ一族全体に対する憧れや、家族の広がりを感じる描写が削減されています。

オリバー・ウッドのクィディッチの説明

原作では、グリフィンドールのクィディッチキャプテン、オリバー・ウッドはハリーにシーカーの役割を説明する際に、「金のスニッチを捕まえると試合が終了し、150点が加算される」と教えます。

しかし、映画ではスニッチを捕まえたチームが必ず勝利すると説明しています。

この違いにより、クィディッチのルールに関する誤解が生じる可能性があります。実際には、150点差以上のリードがある場合、スニッチを捕まえても逆転勝利は難しいのです。

ハーマイオニーのメガネ修理

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』では、ホグワーツ特急の中でハーマイオニーが「オキュラス・レパロ」の呪文を使ってハリーのメガネを修理します。

しかし、原作ではこのシーンは存在せず、ハーマイオニーが未成年のうちに魔法を使う場面はありません。

この違いは、未成年の魔法使用に関するルールを無視する形となり、原作ファンにとっては違和感を覚える点です。また、このシーンはハーマイオニーの魔法のスキルを強調するための変更と考えられます。

スポンサーリンク

魔法とルールの違い

未成年の魔法使用に関するルール

原作『ハリー・ポッターと秘密の部屋』では、ドビーがダーズリー家でケーキを浮かせた後、ハリーは魔法省から未成年の魔法使用を禁止する警告を受け取ります。

これは未成年の魔法使いが学校外で魔法を使うことが厳しく規制されていることを示しています。

一方、映画ではこのシーンがカットされているため、ダーズリー家の人々がハリーが魔法を使うことを許されていないことをどのように知ったのかが不明瞭です。この違いにより、魔法界のルールに対する理解が曖昧になってしまう可能性があります。

ポリジュース薬の効果

原作において、ポリジュース薬を飲むと変身した相手の視力と声を引き継ぐことが明確に描写されています。

例えば、ハリーがゴイルに変身した際、自分のメガネが不要になることに気付きます。

しかし、映画ではこの設定が曖昧になっており、ハリーがゴイルに変身した後もメガネをかけ続けている場面があります。また、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』では、ハーマイオニーがハリーに変身した際に視力の問題に言及するものの、一貫性がありません。この変更により、ポリジュース薬の効果に対する理解が混乱する原因となっています。

スポンサーリンク

キャラクターの関係性と心理描写

ハーマイオニーと「穢れた血」の言葉

原作『ハリー・ポッターと秘密の部屋』では、ドラコ・マルフォイがハーマイオニーを「穢れた血(Mudblood)」と呼んだ際、ハーマイオニーはその言葉の意味を知らず、侮辱されたことだけを理解します。

ロンがマグル生まれを指す差別用語だと説明しますが、映画ではハーマイオニーが自らその言葉の意味を説明するシーンに変更されています。

この変更により、映画ではハーマイオニーの知識の豊富さが強調されていますが、原作の描写に比べると一部のキャラクター関係が変わってしまうことになります。

ルーピン先生との出会いの場所

原作では、ハリーはホグズミードに行けない間、ルーピン先生とルーピンの部屋で話します。この部屋には新たに捕獲されたグリンデローが置かれており、この場所は後のエピソードで重要な役割を果たします。

一方、映画ではこの出会いがホグワーツの木の橋で描かれており、グリンデローの存在が省略されています。

この変更により、シリーズの後半でルーピンがハリーの正体を確認するために用いた質問の意味が曖昧になってしまうという影響があります。

逆転時計の使用方法

原作『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』では、ハーマイオニーがマクゴナガル先生から与えられた逆転時計を使い、時間を遡って過去の場所で終わります。

しかし、映画ではハリーとハーマイオニーが現在の場所に戻るまで逆転時計を使い続ける描写がなされており、時間旅行のルールが変更されています。

この違いは、時間旅行の一貫性や物語の整合性に影響を与え、観客に混乱を招くことがあります。また、映画では二人が過去の自分たちに見られることをあまり気にしないため、原作における時間旅行のリスクと緊張感が薄れてしまいます。

スポンサーリンク

重要なシーンの違い

ダンブルドアの反応

原作『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』では、トライウィザード・トーナメントでハリーの名前がゴブレットから出てきた際、ダンブルドアはハリーに穏やかに尋ねます

彼は状況の深刻さを理解しつつ、怒りではなく恐怖と懸念の表情を見せます。

一方、映画ではダンブルドアが激しくハリーを問い詰めるシーンに変更されており、原作のダンブルドアの冷静さと対照的です。この違いはダンブルドアのキャラクターに対する観客の印象に大きな影響を与えています。

ドビーとネビルの役割の違い

原作では、ハリーがトライウィザード・トーナメントで鰓昆布を手に入れる際、ドビーが彼に渡します。

また、ダンブルドア軍団が訓練場所を必要とした際も、ドビーが必要の部屋の存在を教えます。

しかし、映画ではこれらの役割をネビルが担うことになっています。ネビルが鰓昆布を渡し、必要の部屋のアイデアも彼が提案する形になっており、この変更によりネビルのキャラクターがより目立つ役割を果たすことになりました。

シリウスとのコミュニケーション

原作では、シリウスが逃亡生活を送る中で、ハリーたちに自分を「スナッフル」と呼ぶように指示し、安全を確保するために手紙も曖昧な内容にするよう求めます。

一方、映画ではハリーがシリウスに対して直接的な言及をし、安全対策を無視する形になっています。

この変更は、シリウスの安全に対する配慮が欠けているように見え、ハリーの行動に対する観客の理解や共感に影響を与えます。また、原作でのシリウスとハリーの間の秘密のやり取りが映画では強調されていないため、彼らの関係性の深さが十分に伝わらない部分があります。

スポンサーリンク

キャラクターのビジュアルと設定

ハーマイオニーの見た目の変化

原作では、ハーマイオニーはボサボサの茶色の髪と出っ歯が特徴で、「地味な」少女として描かれています。

特に『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』では、ダンスパーティーのために魔法を使って髪を真っ直ぐにし、歯を小さくするシーンがあり、彼女の大変身が描かれています。

しかし、映画ではエマ・ワトソンが演じるハーマイオニーは常に美しく、髪もさほどボサボサではなく、ダンスパーティーでもドレスを着てリップグロスを塗る程度の変化にとどまっています。この違いにより、原作のハーマイオニーが持つ成長と変化の象徴が薄れてしまう部分があります。

セストラルの視認条件

原作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』では、セストラルは死を目撃した人間にしか見えない魔法生物として描かれています。

ハリーはセドリック・ディゴリーの死を目撃した後でセストラルを見ることができるようになりますが、それ以前にも母親の死やクィレル先生の死を目撃しています。

映画では、ハリーがセストラルを見始めるのはセドリックの死を目撃してからですが、原作では母親の死を幼少期に理解できなかったために見えなかったという説明があります。この説明が映画では省かれているため、セストラルの視認条件について観客が混乱する可能性があります。

ハリーとチョウの関係

原作では、ハリーとチョウの関係は『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』から徐々に築かれ、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』でのホグズミードでのデートやチョウのハリーへの好意、そして親友マリエッタ・エッジコムの裏切りによる破局などが描かれています。

一方、映画ではチョウがダンブルドア軍団を裏切る役割を担っており、彼女が真実薬を飲まされていたことが後に明かされます。

この変更により、チョウのキャラクターが映画では異なる側面を持つことになり、彼女の行動や動機についての観客の理解が原作とは異なるものとなっています。また、原作におけるチョウの複雑な感情や葛藤が映画では十分に描かれていないため、彼女とハリーの関係性の深みがやや薄れてしまっています。

スポンサーリンク

キャラクターのビジュアルと設定

ハーマイオニーの見た目の変化

原作では、ハーマイオニーはボサボサの茶色の髪と出っ歯が特徴で、「地味な」少女として描かれています。

特に『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』では、ダンスパーティーのために魔法を使って髪を真っ直ぐにし、歯を小さくするシーンがあり、彼女の大変身が描かれています。

しかし、映画ではエマ・ワトソンが演じるハーマイオニーは常に美しく、髪もさほどボサボサではなく、ダンスパーティーでもドレスを着てリップグロスを塗る程度の変化にとどまっています。この違いにより、原作のハーマイオニーが持つ成長と変化の象徴が薄れてしまう部分があります。

セストラルの視認条件

原作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』では、セストラルは死を目撃した人間にしか見えない魔法生物として描かれています。

ハリーはセドリック・ディゴリーの死を目撃した後でセストラルを見ることができるようになりますが、それ以前にも母親の死やクィレル先生の死を目撃しています。

映画では、ハリーがセストラルを見始めるのはセドリックの死を目撃してからですが、原作では母親の死を幼少期に理解できなかったために見えなかったという説明があります。この説明が映画では省かれているため、セストラルの視認条件について観客が混乱する可能性があります。

ハリーとチョウの関係

原作では、ハリーとチョウの関係は『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』から徐々に築かれ、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』でのホグズミードでのデートやチョウのハリーへの好意、そして親友マリエッタ・エッジコムの裏切りによる破局などが描かれています。

一方、映画ではチョウがダンブルドア軍団を裏切る役割を担っており、彼女が真実薬を飲まされていたことが後に明かされます。

この変更により、チョウのキャラクターが映画では異なる側面を持つことになり、彼女の行動や動機についての観客の理解が原作とは異なるものとなっています。また、原作におけるチョウの複雑な感情や葛藤が映画では十分に描かれていないため、彼女とハリーの関係性の深みがやや薄れてしまっています。

スポンサーリンク

物語の結末とその描き方の違い

ダンブルドアの死の描写

原作『ハリー・ポッターと謎のプリンス』では、ダンブルドアがペトリフィカス・トタルスの呪文を使ってハリーを拘束し、彼が動けないようにします。

これにより、ハリーはダンブルドアが死ぬ瞬間を目撃しながらも何もできず、強制的に見守ることになります。

一方、映画ではダンブルドアがハリーに隠れるよう指示し、ハリーは隠れて見ているだけになります。この変更により、ハリーの無力感やダンブルドアの決意の深さが原作ほど強調されていないため、シーンの感情的なインパクトが弱まっています。

七人のポッターの戦い

原作『ハリー・ポッターと死の秘宝』では、七人のポッターの戦いで本物のハリーが「エクスペリアームス」の呪文を使ったことで、デスイーターに彼の正体を見破られます。

この呪文は、ハリーの戦闘スタイルの一部であり、彼が殺傷を避ける傾向を示すものです。

しかし、映画ではヘドウィグが命がけでハリーを守ることで、彼の正体が明らかになります。この変更により、ハリーの戦闘哲学が強調されず、ヘドウィグの役割が増しています。これは感動的なシーンを生み出しますが、原作の意図とは異なる解釈を観客に与えます。

ニワトコの杖の最終処理

原作の最終巻で、ハリーはニワトコの杖をダンブルドアの墓に戻すことを決意し、その強力な力を封じるために自分の杖を修復します。

この行動は、ハリーの謙虚さと力に対する責任感を象徴しています。

一方、映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』では、ハリーがニワトコの杖を折って橋から投げ捨てるシーンに変更されています。

このシーンは視覚的には劇的ですが、原作の細やかな心理描写やハリーの内面的な成長を伝える要素が省かれています。この違いにより、ハリーのキャラクターの深みが映画ではやや不足していると感じられるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ:ハリーポッターの原作と映画の違いを知ることで見えてくるもの

ハリーポッターの原作と映画の違いを知ることは、シリーズ全体の理解と楽しみ方を深めるために非常に重要です。

原作の細やかな描写やキャラクターの心理、設定の緻密さは、映画では必ずしも反映されない部分も多くあります。

これらの違いを知ることで、両方のメディアが提供する異なる魅力を楽しむことができます。

原作では、ハリーや他のキャラクターの内面の葛藤や成長が詳しく描かれています。映画では視覚的な魅力やテンポの良いストーリー展開が強調されており、観客を一気に物語の世界に引き込む力があります。

たとえば、ハリーが見るみぞの鏡のビジョンやヴォルデモートの名前に対する恐怖、ハーマイオニーのメガネ修理のシーンなど、原作と映画の違いは、それぞれのメディアの特性を反映しています。

また、ダンブルドアの死の描写や七人のポッターの戦い、ニワトコの杖の最終処理など、物語の結末においても重要な違いがあります。これらの違いを理解することで、ハリーポッターシリーズが持つ多層的な魅力をより深く味わうことができます。

原作を読むことで、映画では描かれなかったキャラクターの背景や設定の詳細を知ることができ、ハリーポッターの世界観をより豊かに楽しむことができるでしょう。映画と原作、それぞれの良さを理解し、両方のメディアを通じてハリーポッターの物語を存分に楽しんでください。

この記事のまとめ

  • ハリーポッターの原作と映画には多数の違いがある
  • キャラクターの心理描写や設定の変更がストーリーに影響
  • 物語の結末における重要なシーンも異なる
  • 原作ではより深い背景や心理が描かれている
  • 映画は視覚的な魅力とテンポの良さを強調
  • 両方のメディアを楽しむことで理解が深まる
  • 原作を読むことでハリーポッターの世界をより豊かに楽しめる

コメント

タイトルとURLをコピーしました