ハリーポッター&ファンタスティック・ビーストシリーズを時系列で楽しむ方法

ストーリー

ハリーポッターシリーズは、魔法と冒険が詰まった大人気の映画シリーズです。

しかし、全8作品に加えてファンタスティック・ビーストシリーズもあるため、どの順番で見ればいいのか悩むことも多いでしょう。

この記事では、ハリーポッター映画シリーズを時系列順に見る方法について詳しく解説します。

また、ファンタスティック・ビーストシリーズの順番も紹介しますので、これから観る方やもう一度見直したい方はぜひ参考にしてください。

この記事を読むとわかること

  • ハリーポッター映画シリーズ全8作品の時系列順と見どころがわかる
  • ファンタスティック・ビーストシリーズの見る順番と関連情報がわかる
  • ハリーポッターシリーズを視聴できる配信サービスについてわかる
スポンサーリンク

ハリーポッター映画シリーズの見る順番

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年)

『ハリー・ポッターと賢者の石』は、ハリーポッターシリーズの第1作目で、2001年に公開されました。

両親を失い、親戚の家で虐げられて育ったハリー・ポッターは、11歳の誕生日に魔法学校ホグワーツへの招待状を受け取ります。

ホグワーツでの新しい生活は彼にとって驚きと発見の連続であり、ロン・ウィーズリーやハーマイオニー・グレンジャーといった友人たちとの出会いも描かれています。

この作品では、闇の魔法使いヴォルデモートとの初めての対決が描かれ、ハリーの冒険が始まります。

彼は、友人たちとともに賢者の石を守り、ヴォルデモートの復活を阻止します。この初めての戦いは、ハリーが自分の強さと使命を見つける大きな一歩となります。

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年)

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』は、2002年に公開されたシリーズ第2作目です。

ホグワーツ魔法学校の2年生になったハリーは、謎のメッセージや凶悪な生物による襲撃事件に巻き込まれます。

ハリーは友人たちと共に、秘密の部屋の謎を解き明かし、学校を救うために奮闘します。

ヴォルデモートの過去が明らかになり、ハリーは再び彼と対峙します。この冒険を通じて、ハリーは勇気と友情の大切さを学びます。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年)

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』は、2004年に公開された第3作目です。

ハリーは魔法界で最も危険な囚人、シリウス・ブラックがアズカバンから脱獄したことを知ります。

シリウスの脱獄はハリーにとって大きな脅威となり、彼の過去と深い関係が明らかになります。

この作品では、ハリーが守護霊の呪文を学び、自身の守護霊が父親と同じものであることを知ります。また、シリウスが実はハリーの父親の親友であり、無実であることが判明します。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年)

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』は、2005年に公開された第4作目です。

この作品では、ハリーがトライウィザード・トーナメントという魔法学校間の対抗試合に参加します。

トーナメントの裏には闇の力が暗躍しており、ヴォルデモートの復活が描かれます。

ハリーは年齢制限を超えてトーナメントに参加し、数々の危険な試練を乗り越えます。最終試練でヴォルデモートが復活し、ハリーは彼と直接対決することになります。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年)

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』は、2007年に公開された第5作目です。

この作品では、ハリーとその仲間たちが不死鳥の騎士団としてヴォルデモートに立ち向かいます。

ハリーは、闇の力に対抗するための訓練を積みながら、仲間たちとの絆を深めていきます。

また、ハリーは初めて恋愛を経験し、成長していく中で多くの困難に直面します。不死鳥の騎士団のメンバーと共に、ハリーはヴォルデモートの手から魔法界を守るために戦います。

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2009年)

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』は、2009年に公開された第6作目です。

この作品では、ヴォルデモートの過去と彼の不死の秘密が明らかになります。

ハリーとダンブルドアは、ヴォルデモートを倒すための重要な手がかりを探し求めます。

彼らはホラス・スラグホーンから重要な記憶を得ることで、ヴォルデモートの分霊箱の存在を知り、その破壊を目指します。しかし、ダンブルドアはスネイプによって殺され、ハリーは大きな悲しみと共に戦いに挑む決意を固めます。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年)

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』は、2010年に公開された第7作目です。

最終章の前半として、ハリーたちはヴォルデモートの分霊箱を探し破壊するために旅に出ます。

この冒険は、ハリーたちの成長と友情が試される過酷なものとなります。

彼らは多くの困難に直面しながらも、分霊箱を見つけ破壊していきます。この旅は彼らの絆をさらに強固にし、最終決戦への準備を進めます。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年)

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』は、2011年に公開された第8作目です。

シリーズの最終章として、ハリーとヴォルデモートの最終決戦が描かれます。

ホグワーツでの壮絶な戦いは、魔法界の運命を決定づけるものとなります。

ハリーは最終決戦で、仲間と力を合わせてヴォルデモートに立ち向かいます。スネイプの真実が明らかになり、ハリーは新たな覚悟を持って戦います。

スポンサーリンク

ファンタスティック・ビーストシリーズの見る順番

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年)

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、ハリーポッターシリーズの前日譚であり、ニュート・スキャマンダーの冒険を描いています。

1920年代のニューヨークが舞台となり、魔法動物たちが繰り広げる物語です。

ニュートは魔法動物を保護しながら、彼らの生態を研究しています。この作品では、魔法動物と人間の関係が深く掘り下げられます。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年)

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、シリーズ第2作目で、グリンデルバルドの台頭とダンブルドアとの関係が描かれます。

ニュートは、強力な闇の魔法使いグリンデルバルドに立ち向かいます。

ダンブルドアは、若き日の姿で登場し、ニュートと共に闇の勢力に対抗します。この作品では、ハリーポッターシリーズとの繋がりがより一層深くなります。

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022年)

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は、2022年に公開予定の第3作目です。

この作品では、ダンブルドアとニュートが協力し、グリンデルバルドとの最終決戦に挑みます。

ダンブルドアの過去や彼の秘密が明らかになり、物語は一気にクライマックスへと進みます。魔法動物たちの活躍も見逃せません。

スポンサーリンク

ハリーポッターシリーズを視聴できる配信サービス

Hulu

Huluでは、ハリーポッターシリーズ全8作品を視聴することができます。

会員になれば、14日間の無料体験を利用して、映画を一気に楽しむことができます。

U-NEXT

U-NEXTも、ハリーポッターシリーズ全8作品を提供しています。

31日間の無料体験期間があり、この期間中に全作品を視聴することが可能です。また、他の多くの映画やドラマも楽しめます。

スポンサーリンク

まとめ

ハリーポッター映画シリーズを時系列順に見ることで、物語の進行やキャラクターの成長をより深く理解することができます。

また、ファンタスティック・ビーストシリーズを併せて視聴することで、魔法界の歴史や背景についてもより詳しく知ることができるでしょう。

ぜひ、これらの映画を順番に楽しんで、魔法の世界を堪能してください。

この記事のまとめ

  • ハリーポッター映画シリーズ全8作品の時系列順がわかる
  • 各映画の見どころとあらすじがわかる
  • ファンタスティック・ビーストシリーズの順番がわかる
  • ハリーポッターシリーズを視聴できる配信サービスがわかる

コメント

タイトルとURLをコピーしました